鎌型薄刃庖丁

鎌型薄刃庖丁

関西の薄刃庖丁は、切っ先の上部が丸くなっており、「鎌型薄刃庖丁」と呼ばれています。刃が薄く、刃元から切っ先まで、刃が真っ直ぐ一直線になっているのが特徴です。野菜の皮むき、けんや針切などを刻むのに適しています。関東の薄刃庖丁は、切っ先が角形になっており「江戸型薄刃庖丁」と呼ばれています。

PAGE TOP